寂寞滿点。。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

我会是你的 

2010.05.07 20:51

又是一年,忽地一夜,雪便是来了。

屋外,时不时旋起的冷风,夹杂着浮尘雪点叩着窗木棱子,声响虽不大却也听得分明。
屋内,暖和的火盆子,衬着有点晃荡的烛影,榻上歇着个人。低垂的星眸似是在看着手中的册子,可细听之下,绵长而又均的呼吸声又更像是早就入睡了一般。

很安静,哪怕吱呀一声,屋中又走进来一人也没有些微的变化。

怔了片刻,长空不由得心中轻叹了口气,这人总是这样的毫无顾忌啊。抬手将自己身上的披风解下,抖掉上面沾染的雪迹后来到火盆子前,双手撑平着,待感觉到有些温度之后便是很顺手地将之盖到了榻上之人的身上。这般一来二去的,榻上那人倒是一点醒的迹象也没,也不知是因何缘故会睡得那么沉竟也吵不醒的模样。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。